ギャラリーオーナー蘇州芸術家を訪ねる

先日がギャラリーSHANBARAオーナー肖金徳は蘇州、南京、北京を訪問し、中国の芸術家、美術館経営者、収集家などと情報交換した。

蘇州の書道家、現代美術家王鑑偉と墨をテーマにする現代美術の日本展開の可能性について話した。南京の中国最大級個人美術館のオーナー陸挺氏と夏季東京五輪と冬季北京五輪をテーマにする日中現代墨アート合同展開催について意見も交わした。

王鑑偉と肖金徳

王鑑偉氏が麻素材で創作した現代アートー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です