中国人気バンドHanggaiリーダーイリチと上海新鋭画家孔皓樟来館

モンゴル語で歌う中国人気バンドhanggaiのリーダーイリチと上海新鋭画家孔皓樟は先日ギャラリーSHANBARAを訪問し、ギャラリーで朝日新聞の単独インタビューを受けた。

イリチらはギャラリーSHANBARAオーナー肖金徳と日中交流事業について話し合い、来年日本でコンサートと絵画展を共催することに合意した。

少数民族言語で歌うバンドとして中国でメジャーになったのは初めてのようだ。その背景はチベット仏教の影響も大きい。著しく成長してきた中国では心の平穏を求めて、チベット仏教に帰依した若者が急増、モンゴル長調で歌う名曲 鴻雁もチベットラマが作詞、作曲したもの、人気を博した。モンゴル族の多くはチベット仏教を信仰し、日常生活がチベット仏教に規範されることが多い。

   丹羽三義 イリチ 肖金徳 坂元洋介 孔皓樟 朴保

インタビューを受けるイリチ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です