現代墨芸術の会理事北京の芸術家村を訪問

先月26日、現代墨芸術の会理事、ギャラリーshanbaraオーナー肖金德は北京郊外にある芸術家村宋荘を視察し、若手水墨画芸術家張南山と会談した。近年、宋荘は中国国画水墨画画家の進出で再注目され、次世代水墨画芸術の発信地になりつつあります。46歳の張南山も宋荘でアトリエを構え、創作活動し、大家の仲間入りを目指す。中国は1000万人書画者時代に突入した。近い将来、数億人収蔵規模になるだろう。

img_6160img_6164

img_6166

左 ギャラリーSHANBARAオーナー肖金徳

右 中国水墨名家 張南山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です