美又の華湯シリーズ商品

1.美又の華湯 高級温泉入浴剤

『美又温泉』とは神の国-島根の宝湯:『美又温泉』は至高の肌再生の湯として、江戸時代末期に発見された湯治場として150年の歴史があります。
「乾燥肌の具合が良くなった」「子供もアトピーが良くなった」などの口コミからリピーターとなるお客様も多いのが特徴の温泉です。
最近では「泉質日本一」「日本一の美肌湯」「至高の肌再生の湯」「誰にも教えたくない温泉」「とろっとろの湯」ネットやSNSなどで紹介されている山陰の秘湯です。
美又温泉の泉質の特徴温泉療法専門医が見た美又温泉の泉質は41.6度、ph9.9、アルカリ性単純温泉で高アルカリの泉質から、アルカリ性の条件下で水に良く溶ける性質をもつメタケイ酸が比較的高濃度に(81.9ph)に溶けています。
メタケイ酸が浴後に皮膚の表面を被い、出来た皮膜が皮膚からの水分蒸発を抑えることにより保湿効果が得られます。その結果、皮膚の乾燥が軽減され冬季の皮膚の掻痒感を和らげます。
温泉総選挙2021年美又温泉が2021年【温泉総選挙】”うる肌部門”(19,563票)堂々1位になりました。

「温泉総選挙2021」にて、国民の応援投票で選ばれた部門別年間ランキング
(温泉総選挙2021-結果発表-最終結果発表)を発表しました。
ご使用方法1袋を200リットルのお湯によく溶かしかき混ぜてからご入浴下さい。残り湯はお洗濯にもご使用可能です。
配合成分・内容量炭酸Na、塩化Na、硫酸Na、炭酸水素Na、メタケイ酸Na、香料、炭酸Ca
25g(入浴用化粧品)

美又温泉のPH値は9,9、メタケイ酸81,9ppm。総合的に日本三大美人の湯、日本三大美肌の湯を上回っている。江戸時代に発見された湯治湯ー美又温泉ーが大型に開発されず、数軒の旅館で源泉と自然を維持した。神の国-島根の宝湯ーとして再評価される。

日本のおもてなしとして

弊社と美又温泉国民保養センターが共同開発した島根の宝湯「美又の華湯」は美又温泉の泉質成分表に基づき、温泉の素専門会社に依頼、1年間試行錯誤して、完成した本湯に近い高級入浴剤。PH値が高いこと、メタケイ酸を最大限に使用したことで美肌再生効果が抜群。知らざる隠れ家の湯、美又の神秘を貴方に♨

2,美又の華湯 敏感肌用化粧水 開発中 2022年10月発売予定