人民日報国際ニュースで日中絵画交流展を取り上げる

7月5日午後人民日報特派員が日中交流絵画展一花一世界開幕レセプションを取材し、国際ニュースとして配信。

人民日報記事

“一花一世界”中日绘画交流展在东京开幕–国际–人民网 (people.com.cn)

池之端画廊HP

https://www.ikenohata-art.com/?fbclid=IwAR2NSjKFvKEIpJoOzeLOSACbIzm9b9jPqa8qW3uoLEzeMJ3Cj5oOO2A8Q7w

日中交流絵画展 一花一世界

日中交流絵画展 一花一世界

(中日交流绘画双人展 一花一世)

日時 2023年7月5日ー16日(展出时间 2023年7月5日-16日)

場所 東京台東区池之端4丁目23-17池之端画廊

(展出地点 东京 池之端画廊 1,2楼)

主催 日本現代墨芸術の会 ギャリラリーSHANBARA 池之端画廊

(主办 日本现代墨艺术之会,东京香博乐艺术空间 东京池之端画廊)

後援 株式会社SHANBARA 香港吾舎文化

(后援 株式会社SHANBAR 香港吾舎文化)

画家紹介

鈴木美江

日本画家望月春江しゅんこうの長女、日本画院の理事長。1977年文化大革命後初めて日本美術家連盟訪中団員として中国各地訪問。2000年に日本画院訪中団長として上海にて日中友好交流絵画展を開催。91歳になった今も創作活動をし続けている。

巴秋(バーチュウ)本名洪東兵、1947年江蘇省泰州生まれ。作家、書道家、著名画家、榮宝斎画院特教授。2005年歳の57歳で北京榮宝斎絵画アカデミーに入学、本格的に国画を勉強。10数年間国画の研鑽を経て中国画壇に認めれ、最も注目される現役画家の一人になった。作品は多くの美術館に収蔵されている。

池之端画廊(東京都台東区池之端4-23-17
日中交流絵画展 一花一世界 7月5日ー16日 池之端画廊にて開催

「美又ローション」敏感肌用化粧水11月21日発売

高浸透敏感肌用化粧水「美又ローション」今月21日発売開始。

美又ローション購入ページも開設。

どなたの身体にも優しい究極の逸品、敏感肌用化粧水「美又ローション」の特徴は

①美又温泉の泉質分析表に基ついて、厳選した水で配合した美又温泉源泉に近い化粧水。

②美肌効果のある和薬草エキス配合。

③高浸透性化粧水。

④美又の華湯はEAV機器により測定した人の気が中庸「オール50」に保つ。

台湾美術誌川瀬伊人の「気の積層」シリーズを取り上げる

昨年7月31日東京2020開会式の日に川瀬伊人氏の気の積層シリーズがギャラリーSHANBARAで初展示。

7点作品は日月水火木金土と題した作品は川瀬伊人氏の制作の原点回帰の作品となった。

川瀬伊人氏のこのシリーズは中国の人気動画サイトと台湾の美術誌がとりあげられた。

気の積層・制作雑記(川瀬伊人)-KKH-BRIDGE 文化の枠を越えるメディア